5月13日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは109.50-110.350に設定

目先のポイントは下で109.65、上で110.05

本日の方針は戻り売り目線

再び戻り売り目線としましたが

先週末のように状況次第では大きく値を戻す展開に繋がる可能性もありますので

急激な流れの変化には警戒しておきたいところ

目先の下値のメドは最大で108.60近辺、上は110.95近辺まで

基本的には上で売り場を探していきたいが

109.50近辺で下げ渋るようなら状況を見ながら短期の買いも検討してみたい

ただ抜けてしまうようだと更なる下落に拍車がかかる可能性もありますので

見切りの判断は早めに決断するよう注意したい

5/10前後日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
110.674 110.049 109.474 109.947 0.575 0.5934

※曜日別の高安幅は5週平均
時間帯別(6時間)高安幅は5営業日平均

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日の警戒イベント

  • 米中貿易協議の行方(トランプ大統領発言、制裁第4弾)
  • 東京・中国市場の株価動向
  • 米国株式市場
  • イラン情勢

本日は特段重要な指標の発表はありません
政治的なイベントでは相変わらず米中貿易関連の動向が市場のテーマとなっておりますが
13日には残り全ての輸入品に関税を課す制裁第4弾の詳細を発表するとしており
内容に注目が集まっているようです
先週末には米中間で緊張緩和に向けた楽観論が広がり為替相場も株式市場も
大きく値を戻す展開となりましたが
週明けの外国為替市場では再び109円台中盤に下落するなど
不透明感の強い状況が続いているようです
本日も基本はNY市場がメインとなりそうですが
日中の中国市場の動向や中国政府の反応
東京市場での株式市場の動向にも注意を払う必要がありそうです

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄 時間は予定

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。