5月6日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは110.05-111.00に設定

目先のポイントは下で110.50、上で110.90

本日の方針は戻り売り

本日は朝から動いてきておりますね

本日はNY市場の動向がポイントになりそうですが

日中の値動きにも警戒しておきたい

下落の原因が米中貿易協議(対中貿易関税25%へ引き上げ)との事なので

中国株も大幅な下落が予想されます

東京市場は大型連休の最終日でお休みとなっており

しかも週明け月曜日という事もあり市場参加者も少ない中での値動きとなるはずなので

急激な値動きに繋がる可能性も考えられます

基本下手に買い向かう事の無いよう流れに沿って売買するよう意識しておきたい

またNY市場の動向次第では大きな流れに繋がる可能性もありますので

今後目先は基本売り目線で相場に臨みたいと思います

5/3日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.500 111.681 111.069 111.095 0.612 0.4548

※曜日別の高安幅は5週平均
時間帯別(6時間)高安幅は5営業日平均

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日の警戒イベント

  • 日本大型連休
  • 米中協議の行方(トランプ大統領、対中関税25%引き上げ)
  • NY株式市場の動向
  • 中国株式市場

本日は特に重要な指標はありません
政治的なイベントでは米中協議の動向に注目が集まっております
トランプ大統領は5日早朝
中国の知的財産権侵害などを理由に同国製品に課す関税を
10日から現在の10%から25%に引き上げると表明
ドル円相場を始め週明け寄りから大幅なドル安展開となっております
本日日中は連休最終日、しかも月曜日という事でもありますので
急な値動きには注意しておきたいところ
現時点でのCFDダウ(-1.6%、430ドル安)やS&P500も大幅に下落しておりますので
場合によっては今夜は更なる大幅下落に繋がる可能性もあります

今夜のNY市場での動向には特に警戒したいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄 時間は予定

AIG:アメリカンインターナショナルグループ S&P500

SYY:シスコ S&P500

TSN:タイソンフーズ S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。