4月26日(金)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.05-111.95に設定

目先のポイントは下で111.35、上で111.70

本日の方針戻り売り目線

昨日のドル円相場は先日の値動きとは打って変わって真逆の展開となりましたね

昨日も瞬間的には111.37まで大きく値を下げるも

最終的には111.60近辺まで値を戻してクローズしており

先週からずっとポイントとしていた【下は111.55-75ゾーン】を明確に割り込んだ

テクニカル的な水準での動き出しに繋がるかどうかの判断は

【日足ベースで明確】にとは言い難い微妙な水準での取引となりました

可能性的には再び112円台近辺まで値を戻す可能性もあるとは思いますが

個人的な感覚で市場の雰囲気、風向きが怪しくなってきた印象も感じます

よって本日は再び112円台を乗せるようなら諦めると割り切って

基本的には戻り売り思考で相場に臨み

上値を付けに来たところを丁寧に売り場を見つけていきたいと思います

目先下値拡大に繋がった場合の下値の目安は110.80近辺までを想定

ただ週末にはリスクイベントも多々あるほか

明日から日本は大型連休に突入致しますのでデイトレメインで

持越しにならないよう注意したいと思います

4/25日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
112.181 112.237 111.370 111.608 0.867 0.4404

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日の警戒イベント

  • GW10連休を直前に控えた東京市場
  • アメリカ決算動向
  • 日米首脳会談、日米貿易協議
  • 中国株式市場(昨日の大幅下落の見極め)

本日は指標自体の数は多いもののそこまで相場に影響を及ぼすような重要なものはありません
政治的なイベントでは
日米首脳会談を始め、日米貿易協議などが予定されております
相場への影響の可能性は少ないかもしれませんが
貿易協議などは為替についての議論もされる見通しとの事なので
一応頭の片隅には入れておきたい

その他では、昨日は中国株が大場安で取引を終えた事
米国株式市場も3Mを始め、
これまでナスダックを牽引してきた半導体関連企業の業績が軒並み悪化し
米株全体で見ても高値圏でもある事から警戒感もではじめており
本日は米株の動向だけでなく中国株、連休前の日本株の値動きにも注目したいと思います
また週末日曜にはスペイン議会の選挙も予定されているほか
日本は明日から大型連休に突入しますので
来週への持越しリスクへは常に意識しておきたいところであります

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄 時間は予定

BA:シェブロン ☆ダウ平均採用銘柄

CAT:エクソンモービル ☆ダウ平均採用銘柄

AFL:アメリカンエアラインズグループ S&P500 NASDAQ100

AMZN:アーチャーダニエルズミッドランド  S&P500

BMY:エーオン S&P500

BWA:ウェアーハウザー S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。