4月22日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.50-112.30に設定

目先のポイントは下で111.70、上で112.15

本日の方針は様子見

基本的には先週末同様

上は112.15、下は111.55-75ゾーンを目先の上下のポイントとして

日足ベースで明確に抜けてくるかどうかを目先の方向感の目安としておきたい

今年のドル円相場の特徴として

値動きのオンとオフ時の差が激しく

動き出しに繋がった場合、はそれなりの値幅で変動いたしますので

これから先は急な値動きは常に意識しておきたい

また値幅の狭いレンジでの値動きが長く続き

狭い幅での玉も集中している為

急激な値動きに繋がる可能性もあります

今週は(短期売買以外では)逆張りは厳禁!

順張り思考で相場に臨みたいと思います

4/19日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.959 112.005 111.872 111.884 0.133 0.2166




※曜日別の高安幅は5週平均
時間帯別高安幅は5営業日平均

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日の警戒イベント

  • GW10連休を控えた東京市場
  • 欧州市場は主要各国でイースターマンデー祝日の為休場
  • NY時間での各種市場動向

本日は特に重要な指標の予定はありません
また現時点では特段重要な政治的なイベントも確認できておりません
本日は主要欧州各国が祝日で市場は休場ではありますが
米国市場は再開されてまいりますので値動きはNY市場次第になると思われます
ブルームバーグなどでは週末
今後ドルの大きな変動を予想する記事なども見られ始め
市場的にも今週はどちらかに動き出す兆候は感じられるのではないかと思っております
特に日本はGW10連休と言う独自のリスク要因も抱えておりますので
東京市場での値動きにも注意を払っていきたいと思います
基本的に動き出しを睨む展開に変わりはありませんので
動き出しまでは辛抱強く待ちたいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄 時間は予定

CDNS:ケイデンスデザインシステムズ S&P500 NASDAQ100

CE:セラニーズコーポレーション S&P500

(23日4時)HAL:ハリバートン S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。