4月18日(木)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.50-112.30に設定

目先のポイントは下で111.70、上で112.15

本日の方針は様子見

昨日も特段値動きに変化がない為、特に書き出すことがありません(笑)

週末アメリカが祝日という事も考えると夜は値動きも

徐々に細ってくることが考えられます

日中のオーストラリアの雇用統計などを利用して

豪ドル系のペアで売買を頑張るのもアリだと思います

ただ小売売上高など重要指標の発表も控えておりますので

動き出しは常に意識しておきたいところであります

基本的には上は112.15、下は111.55-75ゾーンを目先の上下のポイントとして

日足ベースで明確に抜けてくるかどうかに注目しておきたい

4/17日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.988 112.164 111.920 112.052 0.244 0.3942

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日の警戒イベント

  • アメリカ指標:小売売上高
  • 米1-3月期、企業決算が本格化

本日はアメリカ重要指標小売売上高の発表が予定されております
アメリカのGDPの7割を占める個人消費の動向を探る上で
最重要指標の位置づけとなっており
前月、前々月と内容は予想外のマイナスに落ち込んでいる事から
今月もその動向には注目度が集まっていると思われます
月初に発表された雇用統計の平均時給伸びが落ち込んでいた事
3月はガソリン価格が大きく上昇した事なども踏まえると
消費に悪影響を及ぼした可能性も考えられます
指標後は為替相場だけでなく米株の動向も併せて確認しておきたい
またアメリカは週末金曜日が聖金曜日で祝日となる為
本日はその前日という事もあり一部の市場が短縮取引となります
よって株も為替市場も徐々に出来高も少なくなり
0時を過ぎたあたりから値動きも細ってくることが予想されます
本日ドル円相場が動き出すかどうかはわかりませんが
上記の事も考えると動き難い可能性も高く
日中のオーストラリアの雇用統計などで売買を頑張っておくのも手かと思われます
逆にこういう日に限って動き出すこともあり得ますので
何時動き出しても大丈夫なよう常に意識はしておきたいものであります

本日の注目指標

指標名 発表時間 主な対象ペア 前回 市場予想
小売売上高[前月比] 21:30 -0.2% +1.0%
小売売上高[除自動車][前月比] 21:30 -0.4% +0.7%

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄 時間は予定

(20:00)TRV:トラベラーズ・カンパニーズ ☆ダウ採用銘柄

(19日5:00)AXP:アメリカン・エキスプレス ☆ダウ採用銘柄

(19:00)HON:ハネウェル・インターナショナル S&P500

(19:00)SNA:スナップオン S&P500

(21:00)UNP:ユニオン・パシフィック S&P500

(22:00)PM:フィリップ・モリス・インターナショナル S&P500

(19日2:00)PPG:PPGインダストリーズ S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。