4月17日(水)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.50-112.30に設定

目先のポイントは下で111.80、上で112.15

本日の方針は様子見

すいません

手抜きではありませんが値動きが無いので

特に追加で投稿するような内容がありません(笑)

ただ本日は中国系の重要指標の発表が予定されておりますので

昨日よりは高安のボラは高くはなりそうですね

また下の日々の高安グラフを見ても

平均線が40銭前後まで下落して来ると反転してボラが高まってくる傾向があるようなので

そろそろ動き出しもあるかもしれませんね

基本的には上は112.15

下は111.55近辺を目先の上下のポイントとして見ておきたいと思います

4/16日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
112.028 112.044 111.845 111.988 0.199 0.4338

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日の警戒イベント

  • アメリカとEUの通商協議が本格化
  • 中国系指標
  • 米1-3月期、企業決算が本格化

本日は米系指標では特に重要な指標はありませんが
中国系、イギリス系の重要指標の発表が予定されております
中国系の指標が良かった場合
過去にも世界的な株高を背景としたリスクオンの流れに傾く傾向が度々あり
相場が動き出す切っ掛けに繋がるかもしれませんね
逆に悪かった場合、裏を返せばリスクオフにも繋がりかねませんので
日中は中国系の指標に特に注目したい
ここ数日ドル円相場の値動きが止まってしまっておりますので
中国系の指標に合わせて豪ドルの売買
英指標に合わせてポンド系のペアで売買する方が効率は良いかもしれませんね
ただポンド系は値動きに慣れていないと
思いのほか手痛い火傷を負う可能性もありますので売買には自己責任で(笑)

政治的なイベントでは日米貿易交渉がまもなく終了し
この後茂木敏充経済財政・再生相が記者会見を開く模様です
ただ現時点では思ったよりも相場の材料になっておらず
余程の事がない限りは今回の協議では相場の材料にはならないようですね
基本的には昨日同様ドル円相場は動き出し待ちの展開でありますので
辛抱強く動き出しを待ちたいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄 時間は予定

(19:00)BK:バンク・オブ・ニューヨーク・メロン S&P500

(19:00)MS:モルガン・スタンレー S&P500

(19:00)PEP:ペプシコ S&P500 NASDAQ100

(19:00)USB:ユー・エス・バンコープ S&P500

(20:00)ABT:アボット・ラボラトリーズ S&P500

(21:00)ETFC:イー・トレード・フィナンシャル S&P500

(23:00)KSU:カンザスシティー・サザン S&P500

(18日6:00)AA:アルコア S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。