4月5日(金)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.20-112.15に設定

目先のポイントは下で111.30、上で111.70

本日の方針は様子見

昨日のドル円相場は値動きの幅自体は小さいものの

上値を伸ばしてきてもおりましたので本日は若干上値目線で予想レンジを出しております

本日、日中は中国市場が休場であり

夜の雇用統計待ちの様相となると思いますので

111.50を挟んでの値動きと割り切り雇用統計前までの限定で

下値上値近辺での逆張りも狙えるようなら積極的に狙ってみたい

雇用統計自体は発表されてみないとわかりませんので

あまりすぐに飛びつくことなく

他市場の動向にも注意しながら売買に臨みたいと思います

4/4日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.480 111.673 111.334 111.639 0.339 0.393

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・アメリカ雇用統計

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は最重要指標アメリカ雇用統計の発表が予定されております

政治的なイベントでは
先日からワシントンで開催されている米中協議が本日も予定されております
米中協議に関して米通商代表部のライトハイザー代表
なお解決すべき大きな問題が残っているとの見解を示しつつも
早朝トランプ大統領
今後4週間以内に合意の可能性、非常に重要な何かが起きる公算
と協議について前向きに進展している事もアピール
アメリカダウ平均株価は米中協議への期待感から中国関連の銘柄も上昇しておりますので
関連報道だけでなく米株の動向にも忘れずにチェックしておきたいですね
本日も中国副首相と関税について協議する模様なので引き続き続報には注意しておきたい

ただ本日はやはりメインはアメリカ雇用統計一択でしょうか
本日は中国市場が清明節で休場となっておりますので
日中は雇用統計待ちの限られた幅での値動きとなりそうです
ドル円相場は再び値動きの狭い膠着状態に陥ってしまっておりますので
動き出しに繋がる可能性も大いにありますので特に方向感には警戒しておきたい
指標の内容は勿論ではありますが
ダウやユーロドル、長期債の金利状況も見ながら売買に臨みたいところであります

本日の注目指標

指標名 発表時間 主な対象ペア 前回 市場予想
非農業部門雇用者数 21:30 +20千人 +175千人
失業率 21:30 3.8% 3.8%
平均時給[前月比] 21:30 +0.4% +0.3%
平均時給[前年比] 21:30 +3.4% +3.4%

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

シェアする

フォローする