3月27日(水)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは110.05-110.95に設定

目先のポイントは下で110.20、110.40、上で110.70

本日の方針は戻り売り目線

基本的にはまだ戻り売り目線に変わりはないものの

場合にはよっては修正する必要もあるかもしれず

110.95を日足ベースで明確に抜けた場合

再度買い目線継続に繋がる可能性にも考慮しながら

ここ数日の値動き、終値には特に注目して相場に臨みたい

3/23日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
109.955 110.689 109.906 110.609 0.783 0.859

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は重要な指標の発表はありません

政治的なイベントではブレグジット関連で英下院議会にて
首相案に代わる複数の案についての採決(欧州連合離脱協定案の代替策を探る採決)
行われる予定となっております
離脱協定案の3回目の採決は28日に
との話はありますが
閣僚らは可決が確実にならない限り下院で再び採決にかけることはない
との意見も伝わっており予定自体は現時点では裏は取れておりません
また一部報道ではメイ首相が27日に
与党・保守党議員らに退陣に関する計画を表明する可能性も指摘されており
ブレグジット関連は現時点ではどう転ぶか測りかねず
今後も報道自体には注意が必要かと思われます

昨日のドル円相場はドル高、米国株高に支えられ
先週末のような過度なリスクオフ思考は後退し大きく値を戻す展開となりました
基本的には本日も米国株の動向とドルの水準から
市場のリスクオフの度合いをはかるのが一番かと思います
個人的にはまだ戻り売り目線は継続中ではありますが
本日の値動き次第では目線を修正する必要もあるかもしれず
本日の値位置、明日のクローズの終値には特に注目したいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。