3月20日(水)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.00-112.00に設定

目先のポイントは下で111.15、上で111.90

本日の方針は様子見

ドル円相場は昨日から特段目立った動きはないものの

本日はFOMCの会合が予定されておりますので

相場の動き出しきっかけに繋がる可能性が高く方向感には最大限の警戒をしておきたい

水準的には明日以降も含め

下で110.70、上は112.15のレンジを抜けてくるかに注目したいところであります

現時点ではボラも低く値動きに乏しい日が続きますが

上下に抜けてきた場合、新たな局面、大きなボラに繋がる可能性がありますので

くれぐれも動き出しには相場に向かうような事はせず

素直に流れに乗れるよう意識しておきたいところであります

焦って方向感を見誤る事の無いよう

方向感が見定まるまで気持ち様子見気分強めで相場に臨みたいと思います

3/19日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.417 111.476 111.156 111.373 0.320 0.468

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・FOMC(ドットチャート、パウエル議長会見)

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は最重要イベントFOMCの会合が予定されております
奇しくもドル円相場は材料待ちのレンジ相場の様相を呈しておりますので
動き出しのきっかけとなる可能性が大いにありますので
相場の方向感には最大限の注意を払って相場に臨みたい

重要な政治的イベント現時点では特段観測できておりません
ただ昨夜の米国株式市場は
日中を通して比較的堅調な値動きを見せてはいたものの
米中の通商交渉について
中国側がデータサービスや製薬部門などについて当初の合意から後退する姿勢
との複数の当局者からの発言がメディアで報じられたことにより上昇が一服
最終的には上げ幅を値締めマイナスで取引を終える展開となりました
本日は基本的にはFOMC最優先ではありますが
今後の事も踏まえ米中関連の報道にも気を配っておきたいところであります

本日は前述の通りFOMCの会合が予定されております
今回の会合ではFOMCメンバーの金利の先行き見通し
所謂ドットチャートの公開がありますので
米国株の動向も含めアメリカ長期債の金利動向にも注目しながら
ドル円相場の方向感を見定めていきたい
ハト派色が強まった場合、それだけではドル安要因ではありますが
逆にそれは米株の値上がりに繋がる可能性があり
一転してドル高に転じる可能性もありますので
為替市場の反応だけで売買するのではなく
他市場の動向も確認しながら相場の売買に臨むよう
くれぐれも注意しておきたい

本日の注目指標

指標名 発表時間 主な対象ペア 前回 市場予想
FOMC政策金利[上限]  27:00 2.50% 2.50%
FOMC政策金利[下限] 27:00 2.25% 2.25%
パウエル議長会見 27:30

本日FOMCでの会合では
政策金利、ガイダンスの発表だけでなく
FOMCメンバーによる経済・金利の先行き見通し(ドットチャート)
も併せて発表されます
最大のポイントはドットチャートによる今年の金利見通しであります
2018年12月の会合で発表された直近のドットチャートでは
2019年の利上げペースは2回と目されておりましたが
現状の米国を取り巻く経済状況を始め
世界的な景気動向、米中問題やトランプ大統領の存在等も考えると
今年2回の利上げはどう考えても割に合わず
利上げ見通し修正の有無に大きな注目が集まっております
もし金利動向の見通しが修正されハト派色が強まった場合
それだけではドル安要因でありますが
利上げ見通しが遠のく事は株価上昇に繋がりやすくなるため
米株の上昇に弾みがつくかもしれません
その場合、ドル高要因にもなりますので
他の市場との強弱関係に注意しながらドル円相場がどの市場と反応しているのか
確認しながら方向感を見定めていきたいと思います
特にドル円相場はレンジ相場が続いておりましたので
動き出しに繋がった場合、大きな値動きに発展する可能性もありますので
相場の流れには最大限の警戒をしておく必要がありそうです

あわせて見ておきたい
FX指標1月FOMC
FX指標12月FOMC

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

GIS:ゼネラルミルズ S&P500 

MU:マイクロンテクノロジー S&P500 NASDAQ100

シェアする

フォローする