3月18日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.15-111.95に設定

目先のポイントは下で111.35、上で111.75

本日の方針は様子見

ドル円相場は動きが見られないの戦略的には基本先週と変わりがありません

本日は特に重要な指標やイベントが無く

材料に乏しい一日となりそうなので動き出しには繋がり難い一日共なりそうです

ただし日柄的にはいつ動き出しに繋がってもおかしくは無いと思いますので

動き出した際には相場に向かいすぎる事の無いよう注意しておきたい

ドル円相場は日足で見る限りだと

現状きれいな上昇トレンドが続いているようにも見えますので

特に前回の高値を抜けてきた時は最大限の注意をしておきたいところであります

3/15日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.674 111.900 111.382 111.485 0.518 0.4946

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は特に重要な指標の発表は予定されておりません
また現時点では特段重要な政治的イベントも確認できませんでした

ドル円相場は現在、動き出し待ちの様相となっておりますので
今週も動き出しを辛抱強く待つ展開となりそうです
ドル円相場は先週末、米中首脳会談延期の報道を始め
北朝鮮が再びミサイル開発に舵を切る可能性が見られた事
更に米系指標の悪化も加わった事で、若干リスク回避的な値動きに繋がる場面が見られました

本日も基本的にはダウの動向を確認しながら
市場のリスクセンチメントをはかるのが良いと思われますが
最近米長期債の金利が随分と低下傾向にあります
今週会合が予定されているFOMCでは今後の金利見通し
いわゆるドットチャートの公表が予定されておりますので
長期債の金利動向も忘れずにチェックしておきたいところであります

いずれにしても本日も大きな値動きには繋がり難いとは思いますが
材料待ちの展開でニュースには敏感になっているとも思いますので
何時動き出しにつながっても大丈夫なよう常に意識はしておきたいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。