3月14日(木)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは110.80-111.65に設定

目先のポイントは下で111.00、上で111.50

本日の方針は様子見

ドル円相場は本日も動きがありません(笑)

よって基本的には昨日と内容は同じで、戦略も注意点も変わりはありません

動き出しは2月から週末に動き出すパターンが殆どなので

そろそろ動き出しには警戒しておいた方が良さそうです

動き出してきた場合、それなりの値動きに繋がる可能性もありますので

下手に向かう事はせず

素直に流れに乗っていけるよう意識はしておきたいところであります

3/13日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.344 111.465 111.004 111.147 0.461 0.4992

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・中国系指標

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日はドル円に直接関係する米系の重要指標の発表はありませんが
午前中に中国系重要指標の発表が予定されております
先日、中国の李克強首相は政府活動報告で
2019年の経済成長率目標を2年ぶりに引き下げる発表を致しました
中国経済の成長鈍化が改めて意識され
中国系株価を始め米株の動向に影響を及ぼした場合
間接的にドル円の値動きにも影響を及ぼす可能性はありますので
内容には一応警戒しておきたい指標であります

政治的イベントでは
英議会にて日本時間15日早朝、離脱日延期への採決が予定されております
結果は、恐らく可決されEUへ離脱延期の要請という流れになるのでしょうが
ブレグジット関連の動向は未知数でもありますので
ポンド系の通貨を始め欧州系通貨の動向には本日も注目していきたいところですね

ドル円相場は昨日同様値動きがありませんので
本日も引き続き辛抱強く動き出しを待つ展開となりそうです
やはりメインは米株のダウ平均株価の値動きを中心に市場のセンチメントをはかり
ドル円相場の値動きを見定めるのが一番かと思われます

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

ADBE:アドビシステムズ S&P500 NASDAQ100

AVGO:ブロードコム S&P500 NASDAQ100

ARCL:オラクル S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。