3月4日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは111.50-112.30に設定

目先のポイントは下で111.65近辺、上で112.10

本日の方針は押し目買い目線

ドル円相場は直近の下値から2円近くも上昇し112円台も達成しておりますので

本日はあまり高値を追うような売買には注意しておきたい

ただ流れ的には圧倒的に買い優勢でありますので

下を付けに来た時には丁寧に買い場を探すよう意識したい

2/27日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
111.377 112.077 111.325 111.922 0.752 0.723

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は特に重要な指標の発表はありません
また現時点では特段重要な政治的イベントも確認できておりません

中国では明日から始まってくる全国人民代表大会を前に
本日報道官が記者会見をする予定となっております(午前11:00?:確認はできておりません)
中国経済の失速が懸念されている中、米中貿易問題で揺れている中国が
2019年について、どのような方針を発表するかに注目が集まっております
また週末には米中協議について合意が最終段階との一部報道も伝わっております
米中の正式な発表ではないものの
会見で関連する発言等もあるかもしれず警戒はしておきたい

その他終末ではトランプ大統領
「私は強いドルを好むが、米国に素晴らしく作用するドルが望ましいと考え、米国が他国とビジネスを行うことができなくなるほどの強過ぎるドルは望んでいない」
ドル高を牽制する発言パウエル議長を名指しはしなかったものの
「利上げを好む」人物として批判する場面がありました
今後ドル高が進行した場合
トランプ大統領の牽制発言もより一層過激になってくる可能性もありますので
警戒したいところであります

先週からドル円相場は大きく上昇し
ドル高に後押しされる格好で週末には112円台を達成する展開となりました
本日は特段指標や政治的イベントはありませんが
先週の直近下値から2円近くも上昇しておりますので
一旦落ち着きどころを探る展開になるのではないかと思います
先週同様、ドルの水準に注意しながらドル円相場の値動きを見定めるのが良いと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

CRM:セールスフォース・ドットコム S&P500 

シェアする

フォローする