2月22日(金)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは110.30-111.15に設定

目先のポイントは下で110.50、上で110.95

本日の方針も様子見

先日同様値動き自体の変化もありませんので戦略も上値下値での逆張り戦略から変化なし

基本的にはどちらかに動き出すまではレンジ相場と割り切って売買するか

様子見で何もしないのが良いかと思いますが

そろそろ動き出しも警戒し逆張りの下値上値での逆張りも警戒しておきたい

今月1日の108円台中盤からの動き出し11日の109円台から110円台への動き出し

いずれも週末金曜から週明け月曜にかけて動き出してきておりますので

週末という事も考えてそろそろ動き出しにも警戒しておきたい

2/20日の基礎データー

始値 高値 安値 終値 高安幅 5営業日平均高安幅
110.843 110.855 110.566 110.690 0.289 0.3376

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・米中閣僚級協議の行方

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は特に米系指標で重要な発表はありません
夕方に発表されるドイツ系指標はEU経済の屋台骨であるドイツの景気について
今年になってからリセッション入りが懸念され始めておりますので
内容が思いのほか悪かった場合
ユーロの値動きからくるドルの水準の変化には気をつけておきたい

政治的なイベントでは米中閣僚級貿易協議2日目が行われますので
何かしらの関連報道があると思われます
協議についての日程は21-22日となっておりましたが
週末まで延長される可能性も伝わってきておりますので
週末の玉の持越しには注意した方が良さそうです
何らかの報道があった場合、米株の反応から市場のセンチメントをはかり
ドル円相場の方向感を見定めていきたい

ドル円相場は手掛かり難の状態が続く中
基本的には狭いレンジ相場からの動き出し待ちの状態でありますので
辛抱強く動き出しを待ちたいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

NRK.B:バークシャーハサウェイ S&P500 

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。