FX指標 12月小売売上高

※この記事は随時加筆・修正の為追記していきます

小売売上高(Retail Sales)

12月 小売売上高[前月比]

-1.2 1.3

小売売上高[除自動車][前月比]

-1.8 1.8

※画像はフリー素材サイト「Pixabay」様よりお借りいたしました

指標名 時間 主な対象ペア 前回 市場予想 結果
小売売上高[前月比] 22:30 +0.1% +0.1% -1.2%
小売売上高[除自動車][前月比] 22:30 +0.2% 0.0% -1.8%
減少率はアメリカ経済が景気後退から抜け出し始めた
2009年9月以来9年ぶりの大幅な減少を記録
コア売上高は1.7%減で2001年9月の同時多発テロ以降で最大の落ち込み
政府機関の一部閉鎖が統計に影響を及ぼした可能性がある

(出典:アメリカ商務省)

◆目立った項目◆
13項目中11項目が前月比で下落
プラスは自動車&自動車部品(+1.0%)、建材(+0.3%)のみ
マイナスはガソリンスタンド(-5.1%:16年2月以来の大幅なマイナス)
スポーツ用品、趣味用品、楽器、書籍(-4.9%:08年9月以来の大幅な減少)
オンライン販売(-3.9%:08年11月以来の落ち込み)




小売売上高[前月比]

12月 -1.2   1.3

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 -0.1 -0.1 0.8 0.4 1.3 0.2 0.7 0.1 -0.1 1.1 0.1 -1.2
2017年 0.4 0.1 -0.2 0.4 -0.3 -0.2 0.6 -0.2 1.6 0.2 0.8 0.4
2016年 0.2 -0.1 -0.3 1.3 0.5 0.6 0.0 -0.3 0.6 0.8 0.1 0.6
2015年 -0.8 -0.6 0.9 0.0 1.2 -0.3 0.6 0.2 0.1 0.1 0.2 -0.1
2014年 -0.4 0.3 1.1 0.1 0.3 0.2 0.0 0.6 -0.3 0.3 0.7 -0.9

※2018年1月より修正値。それ以前は発表時の数字

小売売上高[除自動車][前月比]

12月 -1.8   1.8

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 0.1 0.2 0.4 0.4 1.4 0.2 0.9 0.2 -0.1 1.0 0.0 -1.8
2017年 0.8 0.2 0.0 0.3 -0.3 -0.2 0.5 0.2 1.0 0.1 1.0 0.4
2016年 0.1 -0.1 0.2 0.8 0.4 0.7 -0.3 -0.1 0.5 0.8 0.2 0.2
2015年 -0.9 -0.1 0.4 0.1 1.0 -0.1 0.4 0.1 -0.3 0.2 0.4 -0.1
2014年 1.0 0.3 0.7 0.0 0.1 0.4 0.1 0.3 -0.2 0.3 0.5 -1.0

※2018年1月より修正値。それ以前は発表時の数字

コア売上高[前月比]

12月 -1.7   2.7

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 0.1 0.1 0.5 0.6 0.8 -0.1 0.8 0.1 0.3 0.7 1.0 -1.7

個人消費はアメリカ経済の三分の二を占める大変重要な項目であり
コア売上高が大幅に減少した事は第4・四半期に個人消費が大きく落ち込んだ可能性がある

※コア売上高は飲食店、自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたベースでGDPの消費支出に最も近いとされる

指標前後の値動き

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。