2月14日(木)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは110.50-111.40に設定

目先のポイントは下で110.75、上で111.20

本日の方針は押し目買い目線

当初の予定通り目先の上値のメドは111.30-40近辺までと見ておりますが

この水準も日足ベースで明確に抜けてくるようだと112円台も視野に入ってまいりますので

超短期売買以外では値ごろ感で安易に売り向かう事の無いよう注意しておきたい

基本的な戦略は週明けから一貫

下を丁寧に拾う、に変わりはありませんが

当初の上値のメドにも近づいてきておりますので

そろそろ一旦落ち着きどころを意識した展開も想定しておきたい

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・アメリカ経済指標
・米中閣僚級協議

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

本日は重要指標の生産者物価指数小売売上高の発表が予定されており
特に小売売上高政府機関閉鎖の影響から12月分の発表が延期されていた背景もあり
思わぬ内容にも警戒しておきたい指標であります

政治的なイベントでは北京で米中閣僚級協議が15日まで行われる予定となっております
現時点では関連報道等は伝わってきておりませんが
トランプ大統領はホワイトハウスで
「協議は順調に進んでいる。中国側は大きな敬意を示している」と記者団に語り
米国株式市場もここ数日協議について楽観視している向きもありますので
報道の内容、風向きの変化には注意しておきたいですね

その他では、本日からイギリス議会で再びEU離脱審議が始まってきます
今夜下院では、最大野党・労働党のイベット・クーパー議員らがまとめた提案の他
労働党コービン党首が示した修正案が審議される見通しで
この修正案が可決したところで情勢に大きな変化はありませんが
依然としてEUから新たな妥協を引き出すことができていないメイ首相にとっては
相変わらず苦しい立場にある事に変わりは無く
今後も月末に向けて関連する様々な報道が飛び交う事が予想されます

EU内ではスペインで解散総選挙の可能性も聞こえはじめ
フランスでは黄色いベスト運動が長引いていたりと
EU内での政治的不透明感が高まっており欧州系通貨が下落基調を強め
昨日ドル円相場も欧州系通貨下落のあおりから111円台を達成するドル高円安が進行
本日もその動向に注目が集まっていると思われます
今夜もポイントはドルの行方にあると思われ
ドルインデックス等でドルの水準等に注意を払いながら
指標や政治的イベントの動向を警戒する一日となりそうです

本日の注目指標

指標名 発表時間 主な対象ペア 前回 市場予想
生産者物価指数[前月比] 22:30 -0.2% +0.1%
生産者物価指数[前年比] 22:30 +2.5% +2.1%
生産者物価指数[コア][前月比] 22:30 -0.1% +0.2%
生産者物価指数[コア][前年比] 22:30 +2.7% +2.5%
小売売上高[前月比] 22:30 +0.2% +0.1%
小売売上高[除自動車][前月比] 22:30 +0.2% 0.0%

生産者物価指数については
昨夜発表されたアメリカ消費者物価指数の内容が無難であったことから
今夜発表の生産者物価指数も市場予想を大き外れるような
荒れる展開にはならないと思われます

未知数なのが小売売上高でしょうか
小売売上高は政府機関閉鎖の影響から12月分の発表がされておらず
内容は予想し難い状況となっております
ただ今月5日、全米小売業協会から2019年通年の米小売売上高が先んじて発表されており
前年比3.8~4.4%増になるとの予測が既に発表されております
また同協会の発表によると
「米景気の底堅さは19年も続き、消費の強さは維持できる」とも併せて発表
雇用や賃金の伸びが続き、物価上昇も比較的抑えられているのが理由でもある、と示しました
この辺の発表を見る限りそこまで悪い内容にはならないとは思いますが
思わぬ数字が出た場合、急な値動きに繋がる可能性もあり
また今夜は重要指標が同時間帯に重なっている事でもありますので
指標前後の売買には特に注意をしておきたいところであります

あわせて見ておきたい
FX指標 1月消費者物価指数
FX指標 12月生産者物価指数
◆ポイント◆
・発表後の各市場の反応

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

CO:コカ・コーラ ☆ダウ工業株30採用銘柄

AMAT:アプライド・マテリアルズ S&P500 NASDAQ100

ANET:アリスタネットワークス S&P500

CBS:CBSコーポレーション S&P500

CME:CMEグループ S&P500

DUK:デュークエナジー S&P500

HII:ハンティントン・インガルス・インダストリーズ S&P500

INCY:インサイト S&P500 NASDAQ100

NVDA:NVIDIA S&P500 NASDAQ100

VMC:バルカンマテリアルズ S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。