2月11日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは109.50-110.20に設定

目先のポイントは下で109.65、上で109.90

本日の方針は様子見

今のドル円相場は動き出しまでレンジと割り切って売買するか

動くまで何もしないかのどちらかを選ぶしかなさそうですね

ただ今週は指標、イベントに盛沢山であり

流石にどちらかに動き出しそうな気配は感じられますので

そろそろ動き出しには警戒しておきたいところ

上は高値を更新してきた場合、目先最大で111.40近辺までを想定

下は109.00を割り込んでくるか、に注目したい

本日は日中、中国市場が再開してまいります

東京市場は祝日で休場でありますので本格的な値動きは夕方以降になるとは思いますが

急な値動きには常に意識しておきたいと思います

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・米中次官級協議

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

現在一部政府機関閉鎖中により指標の発表が延期されているものがあります
また現在予定されている指標も発表が延期される場合や
政府機関が復旧した場合発表される指標もありますのでご注意下さい

本日はポンド系の通貨に関しては重要な指標の発表がありますが
ドル円相場には直接関係するような重要な指標はありません

政治的なイベントでは今週の米中閣僚級協議に向けて
中国で米中次官級協議が先行して行われます
先週後半、米中貿易問題が再度クローズアップされ
リスクオフ思考が若干後退する局面が見られました
次官級協議で何か新しい事が発表されることは無いとは思いますが
協議に関し何らかの発言が漏れ出てくる可能性はありますので注意しておきたいところです

その他では日本は本日建国記念日で市場は休場になりますが
中国で春節が明け本日より市場が再開されてきます
無いとは思いますが、週明けの月曜日で日本市場が休日の参加者が少ない時間帯を狙って
崩し的な値動きがある可能性もありますので日中は急な値動きには一応警戒はしておきたい

本日も先週同様、米国株の動向に要注意ですかね
先週のリスクオフ思考を今週も引継ぎ安値を付けてくるようだと
ドル円相場にも影響が及ぶかもしれません
特に今のドル円相場は動き出しが肝心だと思いますので
方向感には細心の注意を払っていきたいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

FMC:FMC S&P500

L:ロウズ・コーポレーション S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。