2月6日(水)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは109.50-110.40に設定

目先のポイントは下で109.75、上で110.15

本日の方針は様子見

ドル円相場は週明けから110円台に乗せるも

昨日は高安30銭以内のとても値幅の狭い値動きとなり

若干頭の重い印象を与える展開となりました

ただそれでも下値では買い意欲の強い様相も見られ

依然として高値を伺う流れは崩れておりません

昨日同様110円を大きく超えた場合、目先最大で111.35近辺までの上昇は想定しておきたい

本日はトランプ大統領の一般教書演説が予定されており

何が飛び出てくるかわからない部分もありますので

日中は演説を見ながら慎重に売買していきたいと思います

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・トランプ大統領一般教書演説

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

現在一部政府機関閉鎖中により指標の発表が延期されているものがあります
また現在予定されている指標も発表が延期される場合や
政府機関が復旧した場合発表される指標もありますのでご注意下さい

本日は特に重要な指標の発表はありません

政治的イベントでは
本日、日本時間11時にアメリカのトランプ大統領が一般教書演説を行います
一般教書演説は1年間の内政と外交政策を示す施政方針演説であり
2019年今年一年の様々な政治的課題や問題などに対する
トランプ大統領自身の見解が伺える重要な演説でもあります
特にアメリカは米中貿易問題を始め
様々な国との問題を抱えておりますので演説の内容には特に注目したいと思います

本日は日中はトランプ大統領の一般教書演説の内容に注目しながら
夜は欧州系通貨の動向
特に昨日は経済指標の悪化からポンドの下落基調が鮮明となっておりますので
ドルの水準等にも注意を払いつつNY次回での米株の値動きを見ながら
ドル円相場の方向感を見定めていきたいと思います
特にドル円相場は週明けから110円台を回復しておりますので
本日も再度高値更新を伺う展開に繋がるのかに注目したいと思います

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

BSX:ボストンサイエンティフィック S&P500

CMI:カミンズ S&P500

CINF: シンシナティファイナンシャル S&P500 NASDAQ100

FOX: 21世紀フォックス S&P500 NASDAQ100

NKPI:エヌエックスピー・セミコンダクターズ NASDAQ100

GM:ゼネラルモーターズ S&P500

HUM:ヒューマナ S&P500

MET:メットライフ S&P500

ORLY:オライリーオートモーティブ S&P500 NASDAQ100

PRU:プルデンシャルファイナンシャル S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。