FX2019.1月30日FOMCまとめ

※この記事は随時加筆・修正の為追記していきます

FOMC[連邦公開市場委員会](Federal Open Market Committee)

FRBは2019年1月29-30日28時(日本時間)に開催されたFOMCにて
以下の通りの政策金利を発表致しました

前回 市場予想 結果
FOMC政策金利[上限] 2.50% 2.50% 2.50%
FOMC政策金利[下限] 2.25% 2.25% 2.25%

FOMC声明文

Information received since the Federal Open Market Committee met in December
indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising at a solid rate. Job gains have been strong, on average, in recent months, and the unemployment rate has remained low. Household spending has continued to grow strongly, while growth of business fixed investment has moderated from its rapid pace earlier last year. On a 12-month basis, both overall inflation and inflation for items other than food and energy remain near 2 percent. Although market-based measures of inflation compensation have moved lower in recent months, survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed.

昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)以降に入手した情報は、労働市場が引き締まり続け、経済活動が底堅く(at a solid rate)拡大していることを示している
雇用の伸びは概してここ数カ月堅調で、失業率は低いままだった。家計支出は引き続き力強く伸びたが、企業の設備投資の伸びは昨年早い時期の急速なペースから緩やかになった。前年同月比で見ると、全体のインフレ率と食品やエネルギー以外のインフレ率はともに2%近くにとどまっている(remain near 2 percent)。将来のインフレを示す市場ベースの指標はここ数カ月で低下したが(Although market-based measures of inflation compensation have moved lower in recent months)、調査に基づいた長期的なインフレ期待の指標はあまり変わっていない
Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum
employment and price stability. In support of these goals, the Committee decided to
maintain the target range for the federal funds rate at 2-1/4 to 2-1/2 percent. The
Committee continues to view sustained expansion of economic activity, strong labor
market conditions, and inflation near the Committee’s symmetric 2 percent objective as the most likely outcomes. In light of global economic and financial developments and muted inflation pressures, the Committee will be patient as it determines what future adjustments to the target range for the federal funds rate may be appropriate to support these outcomes.
委員会は法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す。これらの目標を支援するに当たり、委員会はフェデラルファンド(FF)金利の目標誘導レンジを2.25─2.50%に維持することを決定した。委員会は、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場の状況、委員会の対称的な目標である2%に近いインフレ率という結果がもたらされる可能性が高い(the most likely outcomes)と引き続きみている(continues to view)。世界経済と金融の動向、落ち着いたインフレ圧力(muted inflation pressures)を考慮し、どのようなFF金利の目標誘導レンジの将来的な調整がこれらの結果になるために適切かを決める際に、委員会は忍耐強くなるだろう(the Committee will be patient)
In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the
federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its maximum employment objective and its symmetric 2 percent inflation objective. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments.
FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整の時期と規模を決めるに当たり、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価する。この評価は、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する
※政策決定の投票で賛成したのは、ジェローム・パウエル委員長、ジョン・ウィリアムズ副委員長、ミシェル・ボウマン、ラエル・ブレイナード、ジェームズ・ブラード、リチャード・クラリダ、チャールズ・エバンス、エスター・ジョージ、ランダル・クオールズ、エリック・ローゼングレンの各委員
ポイント
・ハト派色の強い内容
FF金利の目標レンジについて
「漸進的にさらに幾分引き上げる」の文言を削除
経済見通しについても
「経済見通しに対するリスクはおおむね均衡」を削除し
「世界経済・金融情勢の動向および抑制された物価上昇圧力を考慮すると、こうした結果を支えるためにどのようなFF金利の誘導目標の将来的な調整が適切であるかを決める際、辛抱強く(patient)なる」
と新たに文言を変更し今後の政策運営に対し様子見姿勢を鮮明とした
また「金融政策の遂行とバランスシート正常化に関する声明」を発表
「FOMCは、バランスシートの規模・構成の変更を含む、あらゆる手段を講じる用意がある」ともした

ドットプロット・経済見通し

ドットプロット

今回発表は無し

経済見通し

今回発表無し

パウエル議長会見

主なコメント

・利上げの根拠はやや弱まった

・FRBは政策が指標次第と常に強調している

・忍耐強く様子見性が適切と判断

・過度に高いインフレリスクは減退した模様

・バランスシート正常化の時期を模索中

・最近の原油価格下落がインフレを下押しする公算

・FRBの忍耐が景気を支える事が出来る

・次回の利上げは経済指標次第

・FRBの政策は中立水準のレンジ内

・現在の政策は適切

・資産縮小計画を今後の会合で確定

・企業や消費者の景況感が低下している

・中国や欧州の景気が減速している

・強い米経済と逆風という相反した状況にある

・忍耐強くいる期間は経済指標による

・1~3月期のGDPに政府機関一部閉鎖の影響が出る

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。