1月30日(水)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは108.70-109.70に設定

目先のポイントは下で109.15、上で109.55

本日の方針は様子見

ドル円は結局元の定位置に。。。

基本的な戦略は下で買って上で売る、に変わりはありませんが

本日はFOMCも開催されますので方向感には一応警戒しておきたいところ

狭いレンジの中での値動きでありますので

損切りは上と下のラインを超えるまではそこまで焦る必要は無いと思いますが

利益の確定についてはなるべく細かく早めに行っていきたい

本日は大小様々なイベントがありますので焦ってつかまされる事の無いよう

飛びつきには注意したいところであります

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドルの水準
・米国決算動向
・パウエル議長会見

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

現在一部政府機関閉鎖中により指標の発表が延期されているものがあります
また現在予定されている指標も発表が延期される場合や
政府機関が復旧した場合発表される指標もありますのでご注意下さい

本日は指標、イベントに盛沢山な一日となりそうです
指標ではFOMCが最大の見どころでありパウエル議長の会見には
特に注意する必要がありそうです(詳しくは下記参照)

政治的なイベントでは米中閣僚級貿易会議がワシントンで31日まで開催されます
米中は過去度々貿易問題について協議を行ってまいりましたが
いずれも大きな成果に繋がっているとは言えず
本日から開催される協議についても
トランプ政権の要人等から協議に関連する話題が報道がされる可能性もあります
今回も特に進展が見られないようだと米株式市場へのセンチメントに影響が及ぶ可能性も高く
協議に関する話題には警戒しておきたいポイントであります

また本日も米国の決算動向は重要企業の目白押し
特に注意しなければならないのはFacebook
Facebookの決算は過去に何度も荒れた事があり株価全体に対する影響度も大きいので
本日の決算動向も注意しておく必要があります
本日日中はFOMCを控え、また政治的なイベントや重要企業の決算も多く
見るべきポイントが多い一日となりそうです
ドル円相場については方向感が乏しく値動きが定まっていない感もありますので
各種動向を見守ってからでも遅くはなく焦って売買する事のないよう注意したいですね

本日の注目指標

指標名 発表時間 主な対象ペア 前回 市場予想
FOMC政策金利[上限] 28:00 2.50% 2.50%
FOMC政策金利[下限] 28:00 2.25% 2.25%
パウエル・FRB議長 定例会見 28:30

本日開催されるFOMCでは政策金利の変更、運営政策共に大きな変更の観測はありません
ただ一部報道ではバランスシート縮小を予定よりも早期に終了し巨額な保有国債を維持する計画が協議されるとの観測も出ているため注意が必要です

ポイントとして2019年になった事で
FOMC内で投票権を持つメンバーが入れ替わっている事には注意が必要です
2019年に投票権を持つ地区連銀総裁は
ウィリアムズNY連銀総裁、シカゴ連銀エバンス総裁セントルイス連銀ブラード総裁
ボストン連銀ローゼングレン総裁カンザスシティ連銀ジョージ総裁
となっております
特にセントルイス連銀ブラード総裁シカゴ連銀エバンス総裁ハト派色が強い事で知られ
タカ派カンザスシティ連銀ジョージ総裁のみとなり、
ボストン連銀ローゼングレン総裁ハト派発言もタカ派発言も見られることから
立ち位置としては中立と言われております

FOMCは投票権を持つ上記地区連銀総裁の他にパウエル議長を始め
副議長や理事を含めた多数決による投票によって
政策運営が決定される仕組みとなっておりますが場合によっては
シカゴ連銀エバンス総裁セントルイス連銀ブラード総裁利下げにまわる可能性もある為
利下げ決定が多数を占める可能性はまずありえないと思いますが
全会一致では決定しないかもしれません
その他では、今年からFOMC毎に議長の会見がに行われることが決定しております
特にパウエル議長は昨年後半から急にハト派路線に発言を修正してきた経緯もある為
政策金利発表後のパウエル議長の会見等には注目が集まる事が予想されます
アメリカ長期債の金利動向を始め、米株の動向、ドルの水準等にも注意を払い
ドル円相場の方向感を見定めていく必要がありそうです

復習しておきたい前回のFOMC
FX指標 2018.12月FOMCまとめ

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

BA:ボーイング ☆ダウ工業株30採用銘柄

MCD:マイクロソフト ☆ダウ工業株30採用銘柄

MSFT:マイクロソフト ☆ダウ工業株30採用銘柄

V:ビザ ☆ダウ工業株30採用銘柄

AMD:オートマチックデータプロセシング S&P500 NASDAQ100

ANTN:アンセム S&P500 NASDAQ100

FB:フェイスブック S&P500 NASDAQ100

GD:ジェネラル・ダイナミクス S&P500

NDAQ:ナスダック S&P500 NASDAQ100

PYPL:ペイパル・ホールディングス S&P500 NASDAQ100

COM:クアルコム S&P500 NASDAQ100

TLSA:テスラ NASDAQ100

T:AT&T S&P500

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。