FX指標 1月消費者信頼感指数

※この記事は随時加筆・修正の為追記していきます
消費者信頼感指数アメリカの民間経済研究所全米産業審議委員会(コンファレンスボード)が
毎月発表する消費者マインドを指数化した景気関連の経済指標です
1985年を100として消費者マインドを指数化し
5000人の消費者に対して現状(経済、雇用)と6カ月後(経済、雇用、所得)の景況感についてアンケート調査を行い
現状の経済と雇用に関する2項目の平均を「現況指数」
経済・雇用・所得の先行きに関する3項目の平均(季節調整)を「期待指数」として
発表されます
歴史的に個人消費動向を探る先行指標にも用いられGDPとの関係性も深いとされている
また最近では労働市場の内容から雇用統計への参考に使う向きも見られている

消費者信頼感指数 (Consumer Confidence Index)

1月消費者信頼感指数

120.2 6.4

※12月内容を128.1から126.6へ下方修正

※画像はフリー素材サイト「Pixabay」様よりお借りいたしました

指標名 時間 主な対象ペア 前回 市場予想 結果
消費者信頼感指数 0:00 128.1 124.6 120.2
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 120.2
2018 125.4 130.0 127.0 125.6 128.8 127.1 127.9 134.7 135.3 137.9 136.4 126.6
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 現況 169.6
期待 87.3
2018 現況 172.7 169.9
期待 112.3 97.7

労働市場

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 十分-困難
十分
不十分
職を得るのが困難
2018 十分-困難 34.2 34.6
十分 46.8 46.2
不十分 40.6 42.2
職を得るのが困難 12.6 11.6

6カ月間後の雇用への期待

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 
期待
鈍化
変わらず
2018 
期待 22.7 16.6
鈍化 11.2 14.1
変わらず 66.1 69.0

賃金

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 
上昇
減少
変わらず
2018 
上昇 23.2 22.4
減少 7.2 7.7
変わらず 69.6 69.9

ビジネス状況

現況

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 
良好
悪い
正常
2018 
良好 42.0 37.2
悪い 10.7 11.3
正常 47.3 51.5

6カ月間後の期待

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 
良くなる
悪くなる
変わらず
2018 
良くなる 21.9 18.3
悪くなる 8.3 9.7
変わらず 69.8 72.0

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。