1月28日(月)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは109.15-110.00に設定

目先のポイントは下で109.40、上で109.90

本日の方針も戻り売り

基本的な戦略は先週末同様

レンジ相場形成中でもありますので

109円前半から中盤で買い、109円後半で売り、で臨みたい

ただ狭いレンジの間に玉も溜まっている可能性もありますので

レンジを抜けた時の動き出しにも警戒して

あまりレンジを過信すぎないよう

ストップ等の準備はしっかり怠る事の無いよう注意もしておきたい

イベント的には本日は
・ダウ・長期債の金利動向・ドル(ユーロ)の水準
・トランプ大統領の発言

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります
※市場予想はGMOクリック証券、経済カレンダーを参考にさせて頂いております

現在一部政府機関閉鎖中により指標の発表が延期されているものがあります
また現在予定されている指標も発表が延期される場合や
政府機関が復旧した場合発表される指標もありますのでご注意下さい

本日は特に重要な指標はありません

政治的なイベントでは安倍首相の施政方針演説が予定されております
特段相場に影響が及びそうなイベントではありませんが
一応日本人的には今後一年の政治を占う意味でも注目はしておきたいところであります

それ以外では先週末
半ばトランプ大統領が折れる形で暫定的に政府機関閉鎖が解除されました
ただ週末の為替市場や米国株式市場では
政府機関解除の問題は2月15日までの3週間の限られた合意でもある事から
特に反応は見られませんでした
本日週明けからの本格的な米国株式市場への反応も気になるところでありますが
本日の米国決算動向では、中国と関係の深い企業キャタピラーが控えており
過去度々米国株全体に大きな影響も与えている大企業でもありますので
米国株の動向には本日も警戒していきたい
また週末は特にユーロの買い戻しが顕著な相場でもあり
ドルインデックスもドルが大幅に安くなり対円でも110円目前まで円安が進むも
結局円高に揺り戻される動きとなっております
本日はユーロの値動きが為替市場全体の動向を左右する可能性もありますので
米株動向同様目が離せない一日となりそうです

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

CAT:キャタピラー ☆ダウ工業株30採用銘柄

IBTX:インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。