12月5日(水)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは112.20-113.20に設定

目先のポイントは下で112.60、上で113.00

本日の方針は戻り売り

昨日は大きく動かないと想定していたものの動いてきましたね。。。

ただ目先下落基調は強めたものの

11月からの値動きで見ればまだまだ方向感が出たとは言い切れない部分もありますので

売り目線ではありますが、手のひら返しも一応警戒しておきたい

本日は米国が休日で株式、債券市場が休場となる為

東京時間での値動きが一つのポイントにもなりそうですね

113円を超えてくるようなら多少の幅を狙って逆張りの売り場も探していきたいが

基本は順張り思考で相場の流れに沿った売買を出来るだけ心がけていきたい

イベント的には本日は

・東京・中国市場
・原油相場(共同閣僚減産監視委員会:JMMC)
・トランプ大統領の発言・行動

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります

本日はブッシュ元大統領の死去に伴い
トランプ大統領が「追悼の日」として休日に指定した事で(株式・債券市場休場)
ADPISMと言った重要指標の発表が明日の木曜日に延期されております
また予定していたパウエルFRB議長の議会証言についても
米議会から既に中止の発表がだされております

政治的なイベントについては特別予定は確認できておりません
ただ昨日もこちらでお伝えした通り
早速荒れ模様のブレグジット採決を巡る英議会の動向
昨日から一転して、溝の深さが改めて浮き彫りとなった米中問題などなど…
政治的不透明感が払拭できずにおります

本日の米国株式、債券市場は前述の通り休場となりますが
昨夜の米国株式市場の大幅下落(799.36ドル安)を考えれば
これから始まる日本の株式市場の下落も火を見るよりも明らかであり
二日続けての大幅下落は最早避けられないでしょう
昨日は相場的に大きく動かないだろうとの個人的な読みではありましたが
日経平均大幅下落を眺めながら並行して円高も進行した事も考えれば
米国が休場な分、なおさら本日の東京市場の動向には注意を払って臨んだ方がよさそうです

また本日の10時に武田薬品工業の臨時株主総会が予定されており
そこでアイルランド製薬大手シャイアーの買収についての是非が問われる模様です
買収にかかる費用が6兆円超と最大規模のM&Aとなる為
動向次第では為替相場にも影響が出るとの予想も聞かれております

米中通商交渉を巡る不透明感の再燃
イールドカーブのフラット化による逆イールドへの警戒感の高まり等々で
昨日から打って変わって雰囲気が一変した感もあります
本日は東京時間での日本・中国株式市場の動向が一つのポイントにもなりそうです

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

日本も本格的な決算シーズンに突入致しましたが
アメリカでは既にQ3決算シーズンを迎えております
アメリカも日本ほどではありませんが
一部の企業が市場全体に大きな影響を及ぼす事も多々あり
また現在は金利とダウの動向が為替相場に与える影響も強くなっておりますので
主要企業の決算日程を知っておく事も相場を先回りするうえで有益かと思われます
全部をカバーする事はできませんが主要企業だけでも載せていければと思います
本日のNY市場はブッシュ元大統領の死去に伴い
トランプ大統領が12月5日を「追悼の日」とし休日に指定しました
政府機関も閉鎖され、株式と債券市場も休場となります(商品は通常)

米国

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

BF.B : ブラウン=フォーマン (0.51) S&P500

HRB : H&Rブロック (-0.92) S&P500

SNPS : シノプシス (0.41) S&P500 NASDAQ100

コメントの入力は終了しました。