11月29日(木)【FX】ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは113.15-114.05に設定

目先のポイントは下で113.40-113.50、上で113.80

本日の方針は様子見

114円近辺を再度付けに来るようなら売ってみるのも面白そうですが

一度負けてるだけに戻り売りには慎重に臨みたいところ

本日は昨夜のパウエル発言の影響が(株高・ドル安・金利安)

引き続きどの程度見られるのかに注目したい

まだ方向感がはっきりしていないので売りだけでなく買いについても

高値・安値での逆張りには特に注意して売買していきたいと思います

イベント的には本日は

・ダウ・長期債の金利動向・ドルインデックスの3点セット

FOMC議事録

・トランプ大統領の発言・行動

等に注意していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります

本日はFOMC議事録がありますね
ただ内容に関しては今月前半のFOMC会合でのものになりますので
大きな政策変更や大幅な文言の削除・変更はないと思います
昨夜のパウエル議長の講演を見る限りだと
12月のFOMCはかなり楽しみなイベントになりましたね(以下参照)

本日もパウエル議長の公演が予定されておりますが
恐らく昨夜と同じような内容になると思いますので相場への影響は限定的かと思われます
(今夜のパウエル議長の講演は正確な予定の確認ができておりません)

本日は昨夜のパウエル発言の影響が
各市場で引き続きどの程度見られるのか、という観点から
株をはじめ、特に先週から続いていたドル高の動向について注目していきたいと思います

本日の注目指標

指標名 発表時間 主な対象ペア 前回 市場予想
FOMC議事録公表[11月7-8日分] 28:00

今回の議事録は今月前半に開催されたFOMCでの会合内容になりますので
大きな政策変更を感じさせるものや、大幅な文言の変更はないと思われます

昨夜パウエル議長は講演の中で以下の通り述べられておりました

◆昨夜のパウエル議長の講演での主なコメント◆

「金融政策は財政安定のための優れたツールではない」

「米経済は雇用最大化と物価の安定の達成が近い」

「米金融システムリスクは控えめ」

「株式市場は行き過ぎではない」

「堅調な成長継続へ、FOMCと自分は予想」

政策に既定路線ない、金利は中立レンジをやや下回る」

「利上げの影響不確実、顕在化に1年以上かかる可能性も」

議長は10月の段階では金利について

金利は中立水準に程遠い

とのスタンスでありましたが、昨夜の講演では

金利は中立レンジをやや下回る

と大きく考えを改めてきております
このややという言葉がそろそろ金利の打ち止め=ハト派寄りの意見
と連想され昨夜は金利は下落ドルも下落株価は大幅上昇の運びとなりました

来月のFOMCでは2019年の経済見通しを始め
ドットプロット(各メンバーの2019年利上げの予想ペース)も
発表される会合となる為、来月のFOMCの注目度は相当高まった感があります
本日の議事録はそこまで相場の材料にはならないと思いますが
思わぬ連想や思惑が進むかもしれませんので一応注意はしておきたいと思います

ポイント:文言の削除や変更があるか

※参考:月時の同指標前後の値動き (2018.10/17 26:56-28:03  USD/JPY 6倍速)

指標名:FOMC議事録公表[9月25-26日分]

指標名 時間 主なペア 市場予想 結果 60分後騰落率
FOMC議事録公表[9月25-26日分] 27:00 +0.113%

アメリカ主要企業決算

日本も本格的な決算シーズンに突入致しましたが
アメリカでは既にQ3決算シーズンを迎えております
アメリカも日本ほどではありませんが
一部の企業が市場全体に大きな影響を及ぼす事も多々あり
また現在は金利とダウの動向が為替相場に与える影響も強くなっておりますので
主要企業の決算日程を知っておく事も相場を先回りするうえで有益かと思われます
全部をカバーする事はできませんが主要企業だけでも載せていければと思います

本日の決算動向では
ヒューレットパッカードと言った大きな企業の決算もありますが
そこまで決算の動向を気にする必要はないと思います
それよりもダウやナスダックと言った全体の指数系の値動きの方に注目したいと思います

米国

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

DLTR : ダラーツリー (1.14) S&P500 NASDAQ100

HPQ : ヒューレット・パッカード (0.54) S&P500 

PVH : フィリップス・バン・ヒューゼン (3.14)  S&P500

WDAY : Workday (-0.45) NASDAQ100

コメントの入力は終了しました。