【FX:11/26】今週のドル円相場 統計的予想

いよいよ11月も残すところ5営業日!
最後まで気を抜くことなく頑張りたいと思います

過去の値幅から今週の値幅を予想

こちらの予想はファンダ・テクニカル的な要素を一切排除し
直近数週間の高値・安値から導き出した統計的な数字での予想です
今週の値動きを大まかなイメージとしてとらえて頂ければと思います
※レートは全てクリック証券FXネオ週足終値より

ドル円相場週間変動率

10/1 10/8 10/15 10/22
週間変動幅 1.029 2.111 1.103 1.506
週間変動率 0.90% 1.86% 0.98% 1.34%
10/29 11/5 11/12 11/19
週間変動幅 1.609 1.140 1.563 0.90
週間変動率 1.44% 1.01% 1.39% 0.80%
4週平均 8週平均 最大 最小
1.16% 1.21% 1.86% 0.80%

過去一年間のドル円相場の月変動率

12カ月平均(2017.11-2018.10) 最大 最小
3.02% 4.53%(2018.1) 2.04%(2018.6)

※11月の数字は確定した数字ではありませんので仮となっております

2018年11月の予想レンジ

11月の始値が112.930なので

ここにドル円12カ月平均変動率3.02%をかけて11月予想変動幅を計算

11月高安予想変動幅   3.410

残すところ11月も5営業日、最後の週となりました

基本的には今のところ
11/12~週114.206が今月の高値になるだろうとの考えに変更はありません
ただ個人的には先週(11/19~)に111円台もあり得るだろうと想定していただけに
思いのほか下値も固そうな印象も感じております
11月終値が111.877以上だった場合、ドル円12カ月最低変動率を更新してきますので
その辺も個人的には注目しております

◆ドル円12カ月平均変動率だと◆

11/12~週高値114.206を今月の高値と仮定した場合

弱気目線で見ると月内での予想レンジは110.796-114.206

◆ドル円12カ月最低変動率の場合…◆(2.04%、値幅2.329)

11月の予想レンジは111.877-114.206となります

逆に

◆ドル円12カ月平均変動率だと◆

11/19~週安値112.303を押し目と考え今月の安値と仮定した場合

強気目線だと月内での予想レンジは112.303-115.713

◆ドル円12カ月最低変動率の場合…◆(2.04%、値幅2.329)

112.303-114.632となります

11月中盤から一貫して弱気支持!
ただ先週(11/19~)の値動きを見るとどちらもあり得そうな気もしますよね(笑)

今週の予想レンジ

まず先週の結果ですが
先週私の予想は

8週最大幅弱気目線112.108-114.206

であるのに対して
実勢レートは112.303-113.203となりました

先週は基本ずっと戻り売り方針でもありましたので
実際の売買で見たとしてもそこまで悪くない結果となりました
ただドル円相場はドル高にも支えられ思いのほか値を戻した感も否めません
今週はどちらに振れるのか
についてはかなり意見も割れそうな気も致しますが
毎朝の予想レンジで度々出しておりましたので
113.70を超えるまでは戻り売り目線継続でいきたいと思います

では今週ですが

今週の始値が112.887(クリック証券FXネオレート)なので

そこにドル円4週平均変動率(1.16%)を掛け算し今週の予想変動幅を計算

今週の高安予想変動幅   1.309
強気・弱気それぞれの目線から考えてみると

◆強気目線◆

先週11/19~112.303を安値と仮定した場合

112.303-113.612

◆弱気目線◆

逆に11/19~113.203を高値と仮定した場合

111.894-114.206

直近8週の最大時と最小時での強気・弱気もまとめて計算しました

今週始値(112.887) 変動幅 強気 弱気
4週平均(1.16%) 1.309 112.303-113.612 111.894-113.203
最大(1.86%) 2.099 112.303-114.402 110.204-113.203
最小(0.80%) 0.903 112.303-113.206 112.300-113.203

先週はここ数週間の中でもっとも高安幅の小さい週となりました

今週は米GDP改定値(第3四半期)FOMC議事録(11月7日、8日開催分)と言った
重要指標の他
パウエルFRB議長の講演G20サミットといったイベントも控えております
まぁそれでも動いても1%前後だと思いますので幅は4週平均で十分かと思われます

重要なのは目線ですが
ブレグジット交渉も一つ目のヤマを乗り越えた事で
先週売り込まれていた欧州系通貨に買い戻しが入りドル安に振れるかもしれません
ただにわかに再燃しつつある米中問題、一向に下げ止まらない米国株
急落中の原油相場などなど
先の見えない不安定な要素も根強く方向感を見定めるにはとても難しい状況でもあります

なので今週は特に難しい。。。
でも今月はずっと戻り売り目線できたし
毎朝の予想レンジでも113.70を超えるまでは売り目線
ずっと明言してきましたので

4週平均弱気目線111.894-113.203

を推したいと思います

※相場は自己責任でお願いします(笑)

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。