10月29日(月)ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは

111.30-112.30に設定

目先のポイントは下で111.70近辺と111.55近辺、上で111.95近辺と112.10近辺

本日の方針は戻り売り

本日週明け月曜日は

特段目立った指標や政治的なイベントもなく

材料的には薄い日でもありますが

週末のNY市場はアマゾンやグーグルといった

主要ハイテク企業の決算が振るわなかったことから

株も為替もかなり荒っぽい値動きをしており

週明けの本日の動向に注目が集まっていると思います

本日も引き続き続落して始まるようだと

地合いが悪化しかねないだけにNY市場は要警戒であると思います

また週末には

トランプ大統領がインディアナ州の農業団体で演説にて

日本が市場を開放しない場合は日本からの輸入車に20%の関税をかける

と発言しておりました

中間選挙前のアピールの一環だとだと思いますが

中間選挙も間近なだけに今後発言は一層過激になっていくと思われます

前述の発言の内容も気になるところではありますが今後の発言には注意しておきたい

個人的な相場心情ではありますが

月末損すると来月月初のモチベに響いてしまうので

もう残り3営業日でもありますからあまり無理をせず

様子見するぐらいの気持ちで相場に臨みたいと思います

※いつも週明け月曜日に乗せていた統計予想ですが

記事自体が長くなってしまいますので別記事として独立させて既に投稿してあります

気になる方は是非ひとつ前の記事もご覧になられて見てください

イベント的には

・日中は中国市場・夕方はイタリアの動向(予算問題)・夜はアメリカ株式市場

・トランプ大統領の発言

等に注目していきたい

本日の指標とイベント

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります

本日は特に重要な指標はありません

21:30分の指標は余程数字が悪いようでなければ値動きに与える影響は無さそうです

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

日本も先日から本格的な決算シーズンに突入致しましたが

アメリカでは既に決算シーズンを迎えております

アメリカも日本ほどではありませんが

一部の企業が市場全体に大きな影響を及ぼす事も多々あり

また現在は金利とダウの動向が為替相場に与える影響も強くなっておりますので

主要企業の決算日程を知っておくのも相場を先回りするうえで有益かと思われます

全部をカバーする事はできませんが主要企業だけでも載せていければと思います

本日は特に重要な企業の決算はなさそうですね

ただ先週末のNY市場はグーグルやアマゾンといった今までアメリカの株価を牽引してきた

主要ハイテク企業の決算が振るわなかった事で株価がかなり下落した場面も見られました

本日もその地合いを引き継いているのか寄付きには注目していきたいところです

〇ティッカー:社名 ()はEPS 単位:ドル 色:採用指数構成銘柄

米国

AKAM : アカマイテクノロジーズ (0.61) S&P500 

AMG : アフィリエイティッドマネジャーズグループ (3.41) S&P500

ARE : アレクサンドリアリアルエステイトエクイティーズ (1.67) S&P500 

AVB : アバロンベイコミュニティーズ(2.26)  S&P500

ESS : エセックスプロパティトラスト (3.14) S&P500

IDTI:インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー (0.36)

KLAC : KLAテンコー  (2.20) S&P500 NASDAQ100

MDLZ : モンデリーズインターナショナル (0.61) S&P500 NASDAQ100

RE : エベレストリーグループ (3.07) S&P500 

UDR :  (0.49) S&P500

VNO : ボルナドリアルティトラスト (0.39) S&P500

欧州

HSBCホールディングス(0.190)

独証券取引所 (1.271)

中国

チャイナ・テレコム

アンガン・スチール

BYD

COSCOシッピング・ポーツ

中国銀行

海通証券

中国平安保険

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。