10月18日(木)ドル円予想レンジ

本日の予想レンジは112.20-113.10の上値目線寄りに設定

目先のポイントは下で112.40近辺、上では112.80近辺と113円前後

上は大きく上昇した場合

最大で113.30近辺まではあると想定

本日の方針は買い目線

本日は順張りでも、逆張りでもどちらでも対応できるよう機動的に相場に臨みたい

基本は押したところを拾っていきたいが

相場の急な変動も警戒して意図するしないにせよ

結果値幅の狭い難平になってしまわないよう注意しておきたい

順張りは高値掴み、安値掴みにならないよう高値安値近辺では慎重に

落ち着きつつあったアメリカ10年債の金利が再び上昇に転じております

昨日はドル高の流れが続きましたが

今後また相場の流れが反転しても大丈夫なように

新規建玉も損切りも

あまり売り買い決めつけてこだわりすぎ無いよう柔軟に対応していきたい

イベント的には

EU首脳会議(イタリア予算問題、イギリスブレグジット交渉)

欧州系通貨の値動き

ダウ・長期債の金利動向・ドルインデックスの3点セット

に特に注意していきたい

本日の指標とイベント

9:30の豪・雇用統計と

17:30の英・小売売上高は対象ペアでは値動き的に☆☆☆だと思いますが

ドル円目線で、ドル円相場に及ぼす影響力で考えた場合

そこまで値動きに影響を及ぼすことは無いと判断して☆☆にしてあります

本日は全体的に重要な指標は無くそこまで指標自体に注意する必要は無さそうです

※基本的に指標はドル円メインです。ドル円相場に影響が無さそうなものは除外してあります

本日の注目指標

特になし

アメリカ主要企業決算

アメリカでは決算シーズンを迎えております

アメリカも日本ほどではありませんが

一部の企業が市場全体に大きな影響を及ぼす事も多々あり

また現在は金利とダウの動向が為替相場に与える影響も強くなっておりますので

主要企業の決算日程を知っておくのも相場を先回りするうえで有益かと思われます

全部をカバーできませんが主要企業だけでも載せていければと思います

()はEPS 単位:ドル

〇フィリップ・モリス(1.27)

〇アメリカン・エキスプレス(1.79)

〇トラベラーズ(2.22)

〇ペイパル(0.39)

〇ニューコア(2.35)

〇バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(1.04)

〇スナップオン(2.85)

〇テキストロン(0.76)

〇PPGインダストリーズ(1.43)

〇BB&T(1.0)

〇イー・トレード(0.83)

〇ピープルズ・ユナイテッド・バンク(0.34)

〇インテュイティヴ・サージカル(2.24)

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。