2018.9月FOMC(連邦公開市場委員会)まとめ

※画像はフリー素材サイト「Pixabay」様よりお借りいたしました
2018年9月26日(水)27時(日本時間)に開催されたFOMCにて
FRBは政策金利の引き上げを決定しました
主な内容は以下の通り
FOMC政策金利[上限] 前回2.00% 市場予想2.25% 結果2.25%
FOMC政策金利[下限] 前回1.75% 市場予想2.00% 結果2.00%

FOMC声明文

Information received since the Federal Open Market Committee met in August indicates
that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising at a
strong rate. Job gains have been strong, on average, in recent months, and the unemployment
rate has stayed low. Household spending and business fixed investment have grown strongly.
On a 12-month basis, both overall inflation and inflation for items other than food and energy
remain near 2 percent. Indicators of longer-term inflation expectations are little changed, on
balance.
8月の前回会合以降に入手した情報では、労働市場は引き続き力強さを増し、経済活動は力強いペースで拡大していることが示唆された。雇用の伸びはこの数カ月、ならしてみると力強く、失業率は低い水準で推移している。家計支出と企業設備投資は力強く伸びた。前年比ベースでは、全般的なインフレ率および食品とエネルギー以外の項目のインフレ率は双方とも2%付近にとどまっている。中長期的なインフレ期待の指標は、ならしてみるとほとんど変わっていない

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum
employment and price stability. The Committee expects that further gradual increases in the
target range for the federal funds rate will be consistent with sustained expansion of economic
activity, strong labor market conditions, and inflation near the Committee’s symmetric 2 percent
objective over the medium term. Risks to the economic outlook appear roughly balanced.
連邦準備法に定める責務に従い、委員会は最大限の雇用確保と物価安定の促進を目指す。委員会は、フェデラルファンド(FF)金利の目標レンジのさらなる漸進的な引き上げが、経済活動の持続的拡大、力強い労働市場環境、およびインフレ率が中期的に委員会の対称的な2%目標付近で推移することと合致すると見込んでいる。経済見通しへのリスクはおおよそ均衡しているように見受けられる。

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee
decided to raise the target range for the federal funds rate to 2 to 2-1/4 percent.
労働市場とインフレに関する現状および予想を考慮し、委員会はフェデラルファンド(FF)金利誘導目標のレンジを2-2.25%に引き上げることを決定した。

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal
funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its
maximum employment objective and its symmetric 2 percent inflation objective. This
assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor
market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on
financial and international developments.
FF金利誘導目標レンジの今後の調整の時期と規模を判断する上で、委員会は最大限の雇用確保の目標と対称的な2%のインフレ率目標に関連付けながら経済情勢を現状と予測の面から精査する。この精査では労働市場の状況を示す指標のほか、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融・国際情勢に関するデータなどさまざまな情報を幅広く考慮する。
ポイント
今回で「金融政策は緩和的」との文言を削除

ドットプロット・経済見通し

ドットプロット

16人のうち12人が今年4回の利上げを支持
中央値は引き続き、2019年に3回の利上げを想定
18年末の政策金利中央値は2.4%
2019年末は3.1%
2020年末は3.4%

経済見通し

実質国内総生産:各年10-12月期実質GDPの前年同期比成長
2018年 3.1%(2.8%)
2019年 2.5%(2.4%)
2020年 2.0%(2.0%)
2021年 1.8%( — )
長期       1.8%(1.8%)

PCE物価指数:各年10-12月期の個人消費支出、物価指数の前年同期比上昇率

中央値
2018年 2.1%(2.1%)
2019年 2.0%(2.1%)
2020年 2.1%(2.1%)
2021年 2.1%( — )
長期  2.0%(2.0%)

コアのPCE物価指数:同じくエネルギーと食料品を除いたPCE物価指数の前年同期比上昇率

中央値
2018年 2.0%(2.0%)
2019年 2.1%(2.1%)
2020年 2.1%(2.1%)
2021年 2.1%( — )

パウエル議長会見

主なコメント

〇金利は依然として低い
〇米成長見通しは引き続き良好、財政刺激が支援
〇労働市場が引き続き堅調に推移と予想
〇インフレ率は持続的に2%近辺にとどまると予想
〇緩和的との文言削除は金融政策が予想通り推移していることを示している
〇インフレが上下振れたときに備えて注視
〇金利が2020・21年に中立水準を上回る必要があるとの確信は持てず
〇金融政策は依然として緩和的
〇ドルは2017年に下落した分の一部しか戻していない
〇FRBは金融政策決定に政治的要因考慮せず
〇正常な金利への段階的な回帰、経済の下支えに寄与

※記事は後日加筆修正致します


コメントの入力は終了しました。